11月8日 博多湾西部シーバス釣行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月8日 曇り 中潮 干潮:18:01 波:1m

干潮からの上げ始めを狙うべく、なんとか時間を調整して19時より開始。水質は場所によっては若干白っぽいところもあるが、全体的にクリアー。シャローを進んでいくと小魚が驚いて逃げていく、いい感じだ。ちなみにライトをつけた瞬間、足元でエイが逃げて行きました(2度)。よく分かっている場所でも、移動の際のライトは絶対に必要だと思いました。

取り敢えず膝上くらいのところまで入って周囲を見渡すと、時折捕食音も聞こえる!特に流れがある風ではないが、全体的に潮が動き始めているようだ。ルアーをあれこれ交換しつつ色々な方向にキャストを繰り返すが反応は薄い。ベイトが多すぎてルアーには見向きもしない感じ。立ち位置を変えたところでようやくヒットしたが、いつものごとくエラ洗いで外れる。 同じようなことが2度ほどあって、ようやくキャッチ! ルアーはレスポンダー109F、珍しくフロントフックに掛かっていた。

60cm位 さすがにこの時期の魚は元気でした!#ピンボケ

その後、潮位が上げてくるに従って小魚の数が減っていったように感じた。全くいなくなったわけではないが、沈んだのか、周辺に散っていったのか?

先ほどのレスポンダーを投げていると、小魚にコツコツとあたる場所があったので、若干下のレンジを通してみようかと思いフリルドスイマーに交換してみた。 すると偶然なのか狙い通りなのかは分からないが、とにかくヒット! 引きの感じからして今日一のサイズであるのは間違いない。ドラグを勢いよく出しながらもなんとか寄せてきて、あと10m位のところで再び反転。しかし強引に頭をこっちに向けた直後、一瞬だけテンションが抜けた瞬間のエラ洗いでフックアウト・・・。ランカーサイズではないが、まあまあのサイズだったのでテンションガタ落ち。

潮位もある程度上がったところで終了しました。 この時期は、頭から食ってくることが多いのかなぁ、最近バラシが多いのはフロントフックに掛かってることが多いのかもしれない。実際今日上がったシーバスもギリギリな感じだった。ちなみにこの日は他にも数匹バラしてました。 テスト的にフックを変えて試してみようかなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*