修理不能のネオプレーンウェーダーを再利用してみました

福岡では早くも初雪も降って、めっきり寒くなりました。
天気が悪いとか、潮が悪いのを理由に釣りに行かない日が続いています。
いや、嘘ではないんですが、確かに寒いです・・・。

釣り場では、首回りをふさげばそれほど寒さは感じないのですが、やはりウェーディングしていると、下半身はじわじわと冷えてきます(ネオプレーンウェーダーじゃないから)。
いくら重ね履きして見ても、ネオプレーンには敵わないようです。

そこで、捨てずにとっておいた修理不能のネオプレーンウェーダーのブーツ部分を切って、透湿ウェーダーの下に履いてみようと思います。捨ててなくてよかった!まずは元になるウェーダーです

躊躇なくハサミで適当にチョキチョキ

ベルトから上の部分も切りました。

膝当ては取れそうもないのでそのままです。
これをと、ネオプレーンのソックスを履けば、取り敢えず腰から下はネオプレーンウェーダと同じようなもの・・・ですよね。
問題は、「上手く履けるかどうか?」「動きづらくないか?」という点です。微妙に次回の釣行が楽しみなような気がしなくもないです。まぁ、これで寒さがしのげれば釣行回数も増えるかなぁ。

コメント