ちょっとだけ今津方面へ行ってきた

10月24日 大潮

夕方から今津方面に様子見に行ってきました。満潮が午後9時半頃、上げ始めから狙いたいところですが無理なので6時半から3時間を予定して駐車場に到着。急いで準備してポイントに向かいます。

気温はだいぶ下がったとはいえナイロンウェーダーを履いて10分以上歩くと、流石に汗ばんできます。早く海に浸かりたいと思うと余計に早く歩いてしまい更に暑くなるという悪循環。

ポイントに到着してみると、潮位は既にかなり上がってはいるが、珍しく潮目がルアーのきそうな所まで来ています。これはっ!と思い海に入って行ったのですが、何か物足りない気がしてならない。ドラグを調整しながら膝くらいまで入ったところで、襟元が寂しいことに気付く。

ライト忘れた。

そのまま投げようかとも思ったのですが、流石にずっとは続けられないだろうと渋々駐車場まで逆戻り。30分ほど歩き釣り場に戻った時には汗ダク。これはまずい、後から体が冷えてくるやつだと思いつつもキャスト開始。まだ潮目は残っている!

しかーし、全くシーバスの反応がない。トップ、表層、その少し下とレンジを変えてみても反応がない。色を変えてみても反応がない。とにかくベイトらしき小魚が全くいないしボラすら跳ねない。満月は良くないという記事を以前書いたことが脳裏をよぎりつつも、10月後半ですよ、釣れない訳がない!

と考えながら1時間くらい投げた辺りでやはり寒さに耐えられなくなりました。こちらは予想通りでした。せめて後少し・・・と思ったんですが、無理をせず日を改めることにしました。大人の決断です。

それは良いとしても、この状況はありえないなぁ。このまま冬になってしまうのでしょうか?ポイントを変えろと言う話もありますが、ここが好きなんです。ここで釣りたいんです。

と言いつつ、別の場所にも行ってみます。

次は上げ始めから狙えるタイミングで行ければと思ってます。

コメント