エスクリムシャロー119Fのリップを切ってしまいました。

もうノーマルのルアーの方が少ないんじゃないか、と言うくらいリップを切りまくっています。

もともとはリップを切ったりするのは好きではないです。と言うのも正確に測って切るなんて事は一切せず、適当に切って適当に削るだけなので再現するのが難しいそうだからなんです。(まあ、ちゃんと測ったり印つけたりしろよってことなんですが)

それと、やはりきちんとしたコンセプトのもとで設計して作られているんだから、そのまま使いたいと言うのもあります。

しかしですね、あれれ??と言うことや、もっとこうなら使いやすいのにとか、シャロータイプがあればいいのにとか、色々と出てくるわけです。

今回のエスクリムシャロー119Fの場合は、もっと浅い所で使えるのかと思いきや、意外に潜るんですよねぇ。僕だけでしょうか???

もうリップを切ることに抵抗がなくなってきたので、躊躇なく切りました。まあ、最悪失敗しても良く飛ぶ、いわゆるI字系のミノーにはなるでしょうから・・・。

とりあえず半分くらいにして見ました。

どんな感じの泳ぎ、レンジになっているのか楽しみです。とりあえず釣れる釣れないは二の次です。今晩行けるかなぁ・・・。

コメント